バイオアクティブズジャパン株式会社

バイオアクティブズジャパン株式会社

取り扱い商品

コレウスフォルスコリエキス フォースディーン®

コレウスフォルスコリとは

  • コレウスフォルスコリ
  • コレウスフォルスコリ
  • コレウスフォルスコリ

南アジアに自生するシソ科の植物であり、インド伝統医学アーユルヴェーダにおいて何千年もの間使われてきたハーブです。インド亜大陸が原産とされ、民間では根をピクルスにして食されてきました。
弊社ではこれを用いたエキス末を製造しており、広大なインドで丁寧に育てられたものだけを使っています。

フォルスコリンの力

フォルスコリンは、細胞膜に存在するアデニル酸シクラーゼ酵素を活性化し、cAMPという物質の濃度を上昇させます。
cAMPは神経に働きかけ、細胞の代謝が活発になることで、脂肪の分解が促進されていきます。

フォルスコリン

弊社オリジナルヒト臨床試験データ

臨床試験:コレウスフォルスコリ抽出物の6週間投与の体脂肪に及ぼす影響

16例の成人被験者を対象として、Forcedyn®(10% forskohlin)による6週間のプラセボ対照経口投与試験を実施し、被検物質の体脂肪を減少させる効果を検証しました。被験者はForcedyn®1,000mg/日の投与を6週間受け、投与後、以下の観察結果が得られました。

  1. プラセボ群では体脂肪の増加が見られたのに対し、Forcedyn®投与群の体脂肪率は投与終了時に有意に低下しました。
  2. 腹部CTスキャンにより、投与開始時と比較して投与終了時には、全脂肪、皮下脂肪、腹部脂肪などの体脂肪面積が減少する傾向が認められました。
  3. 試験期間中、副作用に関して自覚症状の報告はなく、医師の診察によっても異常は認められませんでした。本試験での被検物質の摂取は、問題がなく安全であると考えられます。
  4. さらに本試験では、投与終了時に、体重、BMI、腹囲及びカロリー摂取量の減少が観察されました。

インドハーブ(コレウスフォルスコリ抽出物)6週間経口投与後の体脂肪減少に及ぼす効果の確認試験;
試験番号: 11023;
特許出願中

Forcedyn®投与群被験者(No:4 -T.S)の6週間投与後の体脂肪面積(cm2)の変化を示す腹部 CTスキャン画像 Forcedyn®群の6週間投与後の体脂肪面積(cm2)の変化

独自の一貫したトレーサビリティシステム

フォースディーン®製造工程

1 コレウスフォルスコリ栽培

コレウスフォルスコリ栽培
  • 苗木の選定と繁殖
  • 栽培及び収穫過程のモニタリング
  • 有害農薬不使用の栽培
  • ソフトウェアによるリアルタイムの追跡技術
  • 安定供給を確保するための通年栽培

2 収穫・加工

収穫・加工
  • インド栽培地域の専用原料収集センター
  • 専用の乾燥・選別施設
  • 全自動の選別・洗浄工程

3 抽出

抽出
  • コレウス専用の抽出施設
  • ISO、GMP、Kosher、HALALに準拠した製造ライン
  • 有害溶媒不使用の抽出工程

4 安全性の確認

安全性の確認
  • 全ロットに対しHPLCによる有効成分フォルスコリンの検査(10%〜98%規格)
  • 全ロットに対する重金属、農薬、物性分析、微生物検査
  • LD50、亜急性、慢性毒性試験の実施(日本及びインドで実施)
  • ヒトを対象とした体重管理及び安全性に対する臨床試験
    (日本及びインドで実施)

製品情報

項目 規格
学名 Coleus forskohlii
有効成分 フォルスコリン
規格 フォルスコリン
10%, 20%, 40%, 98%
由来原料 コレウスフォルスコリ/根
原産国/製造国 インド
荷姿 1kg、10kg、25kg
推奨摂取量 250mg〜500mg/日(10%規格として)
特性 体重管理
形状 パウダータイプ
お問い合わせ