バイオアクティブズジャパン株式会社

バイオアクティブズジャパン株式会社

取り扱い商品

ウコンエキス ウコンマックス®

ウコン=ターメリック

ウコン=ターメリック

ウコン、別名ターメリックは4,000年以上も前から使われてきた最も古いスパイスの一つであり、薬、香辛料、香味料、染料など、様々な用途にあふれています。また、ターメリックに含まれるクルクミノイドには、様々な試験により多くの機能性が発見されています。

クルクミノイドの力

栄養学におけるターメリックの重要性は、ターメリックが持つ天然フェノール化合物の抗酸化能力が発見されて以来、変わってきました。それがクルクミノイドです。
クルクミノイドには、その強力な抗酸化力からさまざまな疾患に効果的に働くことが確認されています。認知度の高い肝臓ケアだけではなく、ガン予防、抗炎症作用、抗血栓作用、アルツハイマー病への効果などにも期待されています。

弊社のウコンマックス®は業界最高濃度のクルクミノイドで規格致しました。

クルクミン

ウコンマックス®独自データ

in vivo試験

<抗肥満>

ウコンマックス®(クルクミノイド95%規格品)を用いたin vivo試験を行い、高脂肪食を与えたマウスで56日間ウコンマックス®の効果を検討しました。
試験終了時、ウコンマックス®+高脂肪食群では体重の増加が対照群と比較して抑制されていることが分かりました
どの群間でも食物摂取における大きな変化は認められませんでした。対照群の血清トリグリセリドは、無処置群と比べて有意に高いことがわかりました。
対照群と比べると、ウコンマックス®投与群は低い値を示しました(図1参照)。

(Investigation of Anti-obesity Effect in High Fat Diet Loaded Obese Mice, Report No:08108,Bio Actives Japan, 2009)

マウスにおける正常食及び高脂肪食投与と比較したウコンマックス®の体重への効果

<抗肥満(遺伝子解析)>

さらにこの試験で、PPARγ(ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体)が脂肪酸蓄積及びグルコース代謝を調整していることがわかりました。
PPARγで活性化された遺伝子は、脂質取り込み及び脂肪細胞による脂肪形成を刺激します。高脂肪食を与えられたPPARγノックアウトマウスでは、脂肪組織の生成ができません。肥満状態では、PPARγ発現のダウンレギュレーションを受けることがわかりました。
無処置群及び高脂肪食対照群と比較してPPARγ調節におけるウコンマックス®の効果を検討しました。
弊社が実施した試験の結果から、PPARγ比は高脂肪食投与対照群においてダウンレギュレーションされることがわかりました。
また、ウコンマックス®投与群ではこの逆のことが観察され、遺伝子発想をアップレギュレーションし、これらのことは糖及び脂質の代謝に重要な役割を果たすウコンマックス®の可能性を示しています(図2参照)。

(Investigation of Anti-obesity Effect in High Fat Diet Loaded Obese Mice-Gene expression analysis-No:09076, Bio Actives Japan, 2009)

PPARγ/HPRT1比

独自の一貫したトレーサビリティシステム

ウコンマックス®製造工程

1 優良栽培品種の選定

優良栽培品種の選定

「インドのターメリック村」として知られるイーロードゥ地域の16,500エーカーにも及ぶ土地で契約栽培(GACP遵守)を行うにあたり、優良栽培品種の選定を行います。USDA及びインド政府より起源原料の保証がされたものだけを使用します。

2 専門農学者監修による栽培・収穫

専門農学者監修による栽培・収穫

専門農学者の監修の下、インド現地の農家の方々により栽培が行われています。インド産のニームからできた天然虫除け剤・肥料を使用することで、有害な農薬を一切使用しないオーガニック栽培を実施。栽培地域、栽培過程、収穫量や種子の品質などに関するトレーサビリティを完備しています。

3 ISO取得工場にて抽出・加工

ISO取得工場にて抽出・加工
  • 専用のターメリック洗浄及び選別施設や天日乾燥施設
  • 高濃度クルクミノイドを含有する抽出に適した原材料を選別し、ISO認証取得の専門植物抽出施設にて加工。有機溶媒フリーの製造工程
  • ご要望に応じてカスタムブレンドも可能

4 品質検査・分析

品質検査・分析
  • 全ロットについてHPLCによる規格成分クルクミノイドの測定(95%以上に規格)
  • 重金属、アフラトキシン、殺虫剤に対する分析および物性分析、微生物分析、安全性試験等も実施
  • OECDガイドラインに準じた安全性プロファイル等、安全性情報の開示
  • 急性毒性試験(LD50)、in vivo及びヒト臨床試験結果もご要望によりご提供可能

製品情報

項目 規格
学名 Curcuma longa
有効成分 クルクミノイド
規格 クルクミノイド
5%, 95%
由来原料 ウコン/根茎
原産国/製造国 インド
荷姿 1㎏、5kg、25kg
推奨摂取量 1,000〜3,000mg/日(95%規格として)
特性 肝臓保護/抗酸化/抗ガン作用/抗炎症
形状 パウダータイプ
お問い合わせ