沿革

2006年 東京都西東京市にてサプリメント原料の販売を開始
マリーゴールド抽出物「バイオルテイン®」を発売
2008年 インドのOlive Lifesciencesと業務提携を開始
インド産植物から抽出したエキスの製造を開始
2009年 インド国内においてコレウスフォルスコリ、マリーゴールド、ウコンの契約栽培を開始
2010年 コレウスフォルスコリの脂肪燃焼に関する臨床試験を実施
アメリカにBio Actives Americaを設立
2011年 アジア圏に販売網を構築
2012年 年間のコレウスフォルスコリの生産が7,200トンに到達
2013年 バイオルテイン®の臨床試験を実施
2015年 コレウス、サラシア、セサミンを用いたサプリメントFB3®の米国特許を取得
2015年 ドイツのSternchemie社と業務提携の開始に伴い、MCTオイルの販売を開始
2016年 本社と自社倉庫を東京都豊島区南長崎へ移転
2017年 NBブランドの開発を開始
MCTオイルを家庭用向けに発売
製品開発チームを発足
2018年 機能性表示取得(FB3®)
NBブランドのスムージー、アガベシロップの発売を開始(成城石井に導入)
2019年 機能性表示取得(バイオルテイン®)
インドにBAJC Labs Private Limitedを設立
2021年 設立より15年目を迎える
2022年 アラブ首長国連邦にBio Actives General Trading Limitedを設立