取扱い原料

ガルシニアカンボジアエキス

ガルシニアカンボジアエキス
  • ドリンク
  • ゼリー
  • タブレット
  • ハードカプセル
  • 水溶性

ガルシニアカンボジアはオトギリソウ科フクギ属の常緑樹であり、西インドのカルナタカからケララにいたる森林や、ニルギリの高度6,000ftにも及ぶ地域で生息しています。その他、東南アジア、西・中央アフリカ、オーストラリア、ポリネシアなどにも見られます。果実・果皮には酸味成分が含まれており、アーユルヴェーダ医学では、この香りは体内の消化を促すとされ、下剤など腸の働きを整える目的でも処方されてきました。また、赤痢の治療にも使われてきました。果皮の煎じ汁はリウマチにもよいとされています。
果実には、20~30%ほどの(-)-ヒドロキシクエン酸(HCA)が含まれています。(-)-ヒドロキシクエン酸(HCA)はガルシニアカンボジアの果皮に含まれる成分で、特有の酸味を持ちます。細胞中のクエン酸からアセチルCoAが生成される時、反応を触媒する酵素であるATPクエン酸リアーゼという酵素が関与しますが、HCAの摂取によりこの酵素の働きを阻害し、クエン酸からの脂肪合成を抑制します。これにより、体脂肪の蓄積が抑制されることになります。さらにはグルコースからのグリコーゲン生成量が高まり、血中グルコース濃度が安定し、空腹感が抑制されます。
肥満患者に対する臨床試験により、ガルシニアの摂取により、体重の減少、脂質プロファイルを向上させたことが分かっています。
弊社では、インド産のガルシニアの果実より抽出したエキス末を扱っており、HCA50%品、65%品(カルシウム塩)で規格しています。

学名 Garcinia cambogia
有効成分 ヒドロキシクエン酸
規格 ヒドロキシクエン酸50%、(65%)
由来原料 ガルシニアカンボジア/実
原産国/製造国 インド
荷姿
推奨摂取量 ヒドロキシクエン酸として 1日250-500mg
特性 食欲抑制
形状 パウダータイプ
備考

RECIPES USING THIS INGREDIENTこの原料を使ったレシピ

関連資料

資料請求をご希望の方は、
下記お問い合わせフォームより必要事項を
ご記入の上、必要資料をお選びください。

規格書

カタログ